<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Fantabulous masterpiece.

大大好きなユチョン(元東方神起、現JYJ)のアルバム、
"JYJ-The Beginning (New Limited Edition)(韓国盤)"を買った。

先週Amazonで注文しておいて、昨日会社帰りにコンビニで受け取った。
で、驚いた。

CD1枚のはずなのに、たいそうな大きさの箱だった。
1m×30cmくらいの細長いダンボール梱包。
でも超軽いので、脇に抱えて持ち帰る。なんか、秋葉原で家電を買った人みたい。

帰って開けてみて納得。細長いのはポスターが入っているせいだった。
壁に貼ったら相当インパクトがありそう大きさ。
非常に丁寧な梱包である。Amazon見直した。

でもな、ユチョンだけのポスターだったら良かったのに、
他の2人ジェジュンとジュンスも一緒に映ってるので(当り前だ)残念だけど部屋には貼らないよ。 
でも暇なときにユチョンだけきれいに切り取って貼るかも(ゾッコンだな)。

このアルバム2曲目"Ayyy Girl_Feat.Kanye West / M.Yusef"の映像を見て、
CDを買う気になったんだけど、この作品のユチョンが本当に凛々しくてセクシーでもうたまらんの。
すぐに飛行機に乗って(今どこに居るか知らないけど)口説き落としに行きたくなっちゃう(SPに殴られるわ)。
あー♪ ユチョンはなんて素敵な男の子なんだろう。
ユチョンのママはこんな息子を持ってさぞかし鼻が高いだろうな。
(若干ミッツマングローブに似てるけどね…わー、ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!)

でね、ユチョン作"I Love You_Feat.Flowsik"がまたとてもいい。
せつない歌詞がいい。ユチョンの声がいい。

しかし、このアルバムに始まったことじゃないけど、
英語の歌詞がいつも何箇所も間違ってる。聴いてる英語と書いてある英語が違うの。
例えば、What have you done to me?って歌ってるのに、
歌詞カードにはWhat's happening to me?って書いてある。

ま、英語字幕で映画を観てても(私は好きな洋画を英語の教科書として使う)、
しゃべってるセリフと字幕が違うことあるもんな。
↑これはいろいろな事情の元わざとこうしてあるのかもだけど。

はてさて。

なにはともあれ、
一緒に注文したこの三人のLIVE DVD"THANKSGIVING LIVE IN DOME"もそろそろ届く。
やっほー!これでまた夜の楽しみが増えたなりなー。

↓真ん中がユチョンよ♪ ほらーこの子だけオーラがちがうでしょう? 興奮してすんませーん
b0009114_1223083.jpg
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2011-10-25 11:50 | ひとりごと | Trackback

One week to cure3.

屋にGが出て以来、
(思うに、いきなり空中で遊んでるところを発見したことが強烈にトラウマになっている模様。)
2週間くらい夜眠れなかった。ライトも消せなかった。

私はほんとは部屋を真っ暗にして寝るタイプだけど、
暗くしたら、またあの黒い奴がどこからか飛んでくるんじゃないかと恐くなってライトを消せない。

ベッドで横になってても、カサッ…とかプチッ…とか、かすかな音にも過敏になっていて、
ビクッ!っと目を開けてしまう。

元々睡眠不足に弱いので、これが1週間も続くと注意散漫になり、運動能力が低下する。
ひどくなると、食事中に口の中を噛みまくる。

で、眠れなくなって2週間ほど経った9月の終わり、
会社ビルのとなりにある定食屋さんで「ぼぉ~~」っとランチを食べているときにそれは起こった。

下唇の内側を、噛みちぎらんばかりのすごい力で噛んでしまった。
脳天まで痛みが走り、冷や汗が出るほど。
自分で「あーあ、やっちゃった。寝てないからだ…」と思った瞬間また同じ場所をガブッと噛んだ。
これはたまらん。痛いのなんの。噛んだところから流血、滝汗。

下唇の内側がベロベロになり、食べることができなくなり、痛くて痛くて思考が停止する。
外側から見ても分かるほど唇が腫れて来た。ひどい!
なんでこんなことになるんだ!ぜんぶGのせいだ!

仕方なく、テーブルにあったペーパーナプキンで下唇をつまんで止血。
うるうるした目で天井を仰ぐ。情けない…


その後、この傷が癒えるまでの調度1週間、強烈な痛みとの戦いだった。
何を食べても傷にしみるので、毎回あ"~~~~っと悲鳴を上げながらの食事。
いやはや、睡眠不足は本当に良くにゃいのら。 くわばらくわばら…


反省した私は、どんだけ恐くても、勇気を持って夜ちゃんと眠ることにした。
44歳女子、強くならねバッ!

b0009114_15501464.jpg
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2011-10-17 14:54 | ちょっと聞いて! | Trackback

One week to cure2.

下の日記のつづきでんがなまんがな。

ッドの周りにシューッとしたあと、もうウチには居られないので出かけることにする。
相当な脂汗をかいたので、びくびくしながらシャワーを浴び、
髪を乾かすのもそこそこに服を着る。

ベッドの下には衣装ケースが並んでいて、あまりスペースがないのだけど、
恐る恐る覗き込むと、ちょうど見えるところに奇跡的に奴がひっくり返っていた。
ひとまずよかった。 ほっとしたー
衣装ケースの隙間なんかで死なれたら、死体探しにまた更に恐怖しなければならなかったはず。

しかしこんな大きなGの死体処理なんて自分ではとうてい無理なので、
まずは女子だけれども比較的虫に強いJ子さんに助けてもらえないか電話をしてみる。
事情を話すと「超ウケル」と笑って、
「今地方に居るんで、明日東京に帰ったら取りに行ってあげますよ。」とのこと。

ありがたいお言葉だが明日まで待てない。
ベッドの下にGの死体がある状態では、あと1分たりともこの部屋に居られない。

仕方なく、最愛の人に電話をする。
彼も私とおなじくらい虫嫌いなのを知っているし、今仕事中なのも知っている。

しかし他にこんなことを頼める人が思い浮かばず、
留守番電話に半泣きの声で「ここここれを聞いたら電話くださ~い…」と入れた。


やさしい彼は「今手が空いたよ。一体どーしたの?」と折り返してくれた。さすが私の愛しの君。
私はそのとき近所のタリーズに非難してた。

事情を話すと「もー仕方ないねー、大人なのにぃ」と半分怒りながら、
「確実に死んでんの?生きてるなら無理だよ!俺行かないよー!」とのこと。
「死んでる死んでる死んでる死んでる!ベッドの下ベッドの下ベッドの下!」と私。
あの恐怖がよみがえって来て、涙がポロポロ出てくる。そして滝汗。
タリーズの外に出て話してたら、道行くおばちゃんがあきれたような顔でジロジロ見てくる。
おばちゃんてやーね。 あ、私が悪いのか。

かくして、愛しの君が勤務を終えて駆けつけてくれるまでの6時間、
私はなんとか時間を潰した。

この上なく幸せな午後だったはずが、Gのせいで最悪の午後となった。
そこで私は考えた。本気で引越ししようと。
気になる物件を見に行った翌日に、何年も見てなかったGが部屋に突然現れたんだもん。
これは間違いなく天からの『引越しなさい』の合図だと。
b0009114_15402724.jpg
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2011-10-14 16:29 | ちょっと聞いて! | Trackback

One week to cure.

如引越しをしたいと思い、去る9月半ばに気になる物件を見に行った。
そして予想通り、その部屋をめちゃめちゃ気に入った。
家賃が高いけど、どーにかこーにか無理して住めないか!?と、
無茶をしてしまいそうなくらい気に入った。

その次の日、連休なか日でなんの予定も無く、
昼下がりにベッドで読書という、夢のような時間を過していたところ、
突然、視界の右側に何やら気配を感じた。

何か黒い物体が空中に浮かんでいる…
おそるおそるそっちへ眼球を動かす…
なななんと!私がこの世で一番嫌いな"G"が部屋の真ん中でホバリングしてるではないか!!!

結構な大きさ、とにかく恐ろしい、おどろおどろしい姿。
空中で、どっちに行こうか考えてるように、前へ行ったり後ろへ行ったり、フワフワ、ユラユラ。
この種族は、とにかく前進しかできないと聞いていたのに、
空中ではバックもできるんだとビックリ◎◎;

もちろん私ぎゃああああああああ!Gはおどろき、
引き返す形で壁に取り付けてある白い時計にとまった。
で、おそらくGも興奮しているのだろう、今にもまた飛び立ちそうな殺気立った動き。
2秒か3秒にらみ合いが続き、案の定、今度はベッドにいる私に向かって飛んできた。
再度ぎゃああああああああ!(いやはや、よく通報されなかったと思うよ。)
この声で、Gは私を避けて背後の壁にピトッ。白い壁に黒い体がよく目立つ。身の毛がよだつ
この時点で、私の心拍数はMAX。気絶寸前である。
しかし悲しいかな女の一人暮らし、自分でなんとかせねばいけないのでGが壁にとまった瞬間、
殺虫剤が置いてある洗面所へダッシュ!

スプレーノズルを伸ばし、こわごわ近づいて、
「どっから入ってきたのよ!」「かわいそうだけど死んでね!」と叫びながらシューーーー!
Gは慌ててベッドの下へ…

私は脂汗と涙を流しながら、死体を確認するまでは安心できないので、
更によけいにベッド周りにシューーーーー!シューーーーー!
一缶使い切るほどの勢いでスプレーしまくる。

長くなりそなので、つづく…
b0009114_15534456.gif
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2011-10-11 15:41 | ちょっと聞いて! | Trackback