<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

humid.

日の東京はやばいでしょ。
これって暑すぎでしょ。

これは普通じゃないよ。きっと誰かがコントロールしてるよ。
日本人が団結して節電しようとか言ってがんばってるのに、
邪魔されてる感じがする。

誰かが愛をはぐぐもうとか、人に愛を与えようとかすると必ず邪魔が入る、
あれですよ。"おためし"みたいな、あの現象に似てる。
「どうだ?これでもこいつのことを好きなのか?」って、
本当の愛かどうかを試される試練。

私、これの切り抜け方知ってる。
決めちゃえばいいの。 ズバッ!って。


でもでも、この暑さの切り抜け方がわからないー
なんか知らないけど、お肌も荒れてきちゃったもん。
いつも夏は肌が調子いいはずなのに、なんかよくない。
顔がかゆくなっちゃうの。 まさか太陽アレルギー?

今日は絶対に定時で帰って23時には寝よ。
たくさん眠って美人になるじょ!
[PR]
by ayumi_asakura | 2011-06-29 10:52 | 出来事 | Trackback

Special day!

b0009114_1183742.jpg

日は、仲良しKamiraちゃんが『遅まきながら…』って言って
温野菜しゃぶしゃぶでささやかお誕生日会をしてくれた(ToT)うれしいよー!

Kamiraちゃんとは上京して間もなく出会い、
モデル時代も、お互い業界から足を洗ってからも、ずーっと仲良し。

二人とも40代になった今、
いろんな部分が丸くなりました(笑)

ポテッとお腹、引きしめるじょー!

彼女は今、若者たちに交ざって学生さんをやっている。
結婚したい大好きな彼も居る。

恋も勉強も一途に頑張っている彼女は本当に美しい。

私も一途に生きるのが好き。
思考も感情も感覚も、いつも自分に正直に、明るく優しく楽しくね。

なかなか面白いなぁ、人生は。
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2011-06-12 01:18 | 出来事

Urban myth.

は5月18日生まれなので、『18』と言う数字が昔から大好き。
で、まいろが8月13日生まれなので、『13』と言う数字も大好き。

普段生きていて、『18』と『13』を見るたびに大喜びしてる。

例えば、たまたまレストランで通されたテーブルが13番とか18番だったら、
⇒仲良しにすぐメール。

たまたま立ち止まった電車ホームの自動扉が13番とか18番だったら、
⇒人目をはばからずガッツポーズ。

銀行に行って「番号をお取りになってお待ちください」の券が13番とか18番だったら、
⇒声を出してガッツポーズ。

コンビニでお釣りが18円とか13円だったら、
⇒ハイテンションで店員さんに話しかける。

…ってな具合。

街を走ってる車のナンバープレートが、
『18-13』とか『13-13』とか『18-18』だったらもう大変。写メを撮る勢い。

同様に、たまたま見たデジタル時計が18:13とかだったらもう大騒ぎ。
13:18にメールが来たり、18:13発の電車に乗れたりするとジャンプして喜ぶ。

と、こんな感じで生きていると、もう偶然では片付けられないくらいの頻度で、
『18』と『13』が毎日私の目に飛び込んでくる。
これぞ潜在意識の引き寄せマジック!

これをヒントに、皆さまも何かと潜在意識パワーをご利用ください。


最近、都市伝説にはまってる。

『やりすぎコージー』で関 暁夫が語る"秘密結社 フリーメイソン"の話には、
大量の『18』と『13』が出てくるので、実に面白い!大興奮!

このテーマの放送が始まったころに、
『あ、あ、朝倉さんは、フリーメイソンなんですか!?』って、
友達からとつぜん電話がかかって来たことがある。

私が普段あまりにも、『18』と『13』にこだわっていて、
法華経の修行をしていて、スタバにばかり行っていることから、
『やりすぎコージー』の放送を見たこの友達は、てっきり私がメンバーだと思い込んだらしい。

恥ずかしながら、
当時"秘密結社 フリーメイソン"と言う言葉自体を知らなかった私は、
何のことか分からず、「いや…、違う…。」とだけ答えた。

もちろん、私が秘密結社のメンバーであるわけがなく、
しかし、この電話がきっかけでフリーメイソンを知った私は、
どんどんこの話に吸い込まれていくことになりましたとさ。
[PR]
by ayumi_asakura | 2011-06-10 15:45 | Trackback

hoop!!

じょぅ~に穏やかな日であります。

こんな日は会社を早退して、川沿いの土手でたそがれてたい。
でも、そろそろ私の苦手な虫が出てきて、わがもの顔で歩き回る時期だわね。
くわばらくわばら

さて、ウエストを引締めるためにフラフープを購入して、
しばらくは毎晩クルクルやってたんだけど、
なんだかあんまり上手にならないし、床がフローリングだから、
フラフープを落とすとすごい音がして近所迷惑だし、筋肉痛が激しいし。

なので会社の男性社員にフラフープをあげました。
ご夫婦でフラフープするそうです。
めでたしめでたし

毎朝の入浴時に、3種類のスクワットと2種類のストレッチと、
オマケにおっぱいふわふわ体操を施しているのでま、いいか。
と思ってる。

これから夏が来るなー。 サマーーーー
[PR]
by ayumi_asakura | 2011-06-09 16:56 | ひとりごと | Trackback

Happy marriage.

いたい、周りの先輩婦人たちはこう言うの。

40歳過ぎて結婚したいなら、
「大好きな人でなくても、言い寄って来た人誰でもでいいです。」って気持ちにならないとダメよ!
「もらってくれるなら誰でもいいです。」って気持ちになりなさい!って。

でも私は、死ぬほど好きな彼としか結婚したくない。
結婚するために相手を探すことなんて出来ない。
これじゃだめなのかーい?

「結婚できるなら誰でもいい。」なんて、相手の男性にも失礼ではないかしら?
で、そんな気持ちじゃ結婚したって続かないと思うの。ちがうかなー?

私がベタ惚れでない限り、毎日その男の人のご飯なんて作れないもん。
自由主義である私の、おおよその世界を奪うであろう"結婚"を、
大好きな彼とでないと続けられる訳がないもん。

"彼のためなら死ねる"くらいの気持ちでないと、
そうね、息子を思う母のような気持ちでないと、添い遂げられないと思うもん。

どうせなら、死ぬまで彼を愛しぬき、守り抜き、棺おけに入るまで彼の女で居たいもん。
これ、きれいごとかなー?

こんな風に思える人と、結婚するんだもん、私。
[PR]
by ayumi_asakura | 2011-06-06 16:15 | ひとりごと | Trackback