<   2006年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

恐いよ

今日はあいしゃんとディナーした。
仕事して、修行もして、友だちと会って、恋もして。
考えてみると、ちょ~充実してるな私の毎日。
ありがたやありがたや

で、ちょっと遅めに帰宅。
クレンジングしていると、まいろがいつになく鳴くから、
「ん?」と思って玄関へ。そしたら小さい虫がかべに居た!!
1cmくらいの、なんだろう?黒くて固そうな昆虫(?)。

きゃ~ん、どこから入って来たのぉ?
虫は超苦手。恐い。
まいろに狙われて、その虫はフリーズして動かない。
仕方なくまいろに任せてシャワーを浴びに行く。

シャワーから出てきたらもう居なかった。
で、安心してキッチンへ。
まいろのごはんを器に入れているとき「カシャシャシャシャ」って
頭上で音が!!
「きゃ~~~~~~~!」っと私。(近所迷惑です)

どうやら換気扇のカバーの内側に虫が入り込んだ模様。
出たくてもがいてるのか、カシャカシャ音がしてる。
超恐い。せっかくシャワー浴びたのに脂汗たら~
まいろは何やってたのよ!退治してくれたんじゃなかったの?
(まいろ迷惑です)

換気扇のスイッチを入れるともっと暴れる虫。
仕方なく処刑人と化す私。殺生はしたくないけど、
虫とは共存できない。南無妙法蓮華経

こんな時の為に買っておいた殺虫剤を持ってくる。
換気扇に向けて「シュ~~~~」っとやった。
それ以来音がしない。もう動かなくなったかな?

でもここで問題発生。
今後、換気扇そうじができない。
だってカバーを開けると虫の死体があるんでしょ?…無理
一生開けられないと思う。

今年のクリスマス頃に、またアパートの更新だから、
これを機会に引っ越すか?…などと考えが飛躍する。
だって、私にとって虫は世界で一番恐い。

他に恐いモノは無いけど、虫だけは恐い。
こんな時、彼氏が居たら取ってもらうのに。女一人は不便
恐くて眠れないわ。 寝るけど。
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2006-06-30 02:07 | 出来事 | Trackback

恐らく

体重計に乗ってないけど、7kg増って所じゃないかしら?
おおよそそんなもんでしょうね。
ん?何がって、私の体重でんがな

ここ半年、今までに無い程ハードな生活を送っているけど、
この頃はこれに慣れちゃって、「もっと来い」って感じなの。

元々よく食べる方だけど、とにかく最近よく食べる。

昔、クラシックバレエを始めた頃、ハードなレッスンで
一ヶ月で一挙に9kg体重が増えたことがあった。
でもね、見た目は全然変わらないの。逆に痩せて見えるくらい
筋肉が一挙に発達した為だと思われるけど、あれは驚いたわね。

この度の体重増は、明らかに筋肉増加ではにゃい。
ま、中年太りもあると思うし、太らないと乗り切れないのね。
でも自慢じゃないけど見た目は何も変わらないのよ。
ま、隠れた部分が大きくなってるんだけどね。おほほ
こんなボリュームのある体もたまにはいいかもね。
…ってか初めてだわね。

ジュゴンにならないよう気を付けまぁす。嫁入り前だし
でもちょ~楽しい。太っても怒られないのが楽しい。

私、ちょっとやばいくらいだわ。大丈夫かしら?
顔色いいし、元気だし、アドレナリン出っぱなしって感じ。
先輩のお坊さんが言ってた、”ある一線”を越えたのかも?!
でも、やっぱりこの現象は恋してるからなのかも?!
大事大事。
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2006-06-27 01:35 | Trackback

パフォーマンス

生まれ持った性質もあるけど、人を惹き付ける魅力って、
やはりその人が生きてきた年輪みたいなもので構成されると思う。
年齢とかは関係ない。なんだろな?経験値?

私は、小さいときから自分の周りの魅力的な人を見つけては、
その人のマネをして、自分のモノにして来た気がする。
芝居でもそうだけど、マネから入るのって大事。
好きな女優のセリフ回しの完全コピーとか、よくやったな。

マネする事で、その人の経験値まで吸収出来ないけど、
そんな経験をした人のような振る舞いにはなれる。

大人になりたくてなりたくて、大人っぽい人のマネをして、
いつの間にか自分のモノになってて…の、繰り返しで
今がある気がする。

現在は、ほんとに素直に、思うままに行動できる事がテーマ。
誰かのマネはもうしない。必要なくなった。
大人っていいな。大人になって良かったな。

この頃ちょ~楽しい。解放感と達成感と幸福感が混ざった感じ。
なが~いトンネルを抜けた感じ。自由を得た感じ。
大声で歌いたい感じ。
今なら、いいパフォーマンスが出来そうな感じ。
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2006-06-26 02:56 | Trackback

日記アップできなくてごめんなさい。

二泊三日でグアムに行ってました。←うそ

ここんとこ毎晩ヘトヘトでPCを開くエネルギーが無かったの。
アクセスログを見ると、毎日すっごいたくさんの方々が
ここを見に来て下さってて、全くもってさぼってすみません。

ねねね、今日ね、すごい場所を発見をしたのよ!『恋弁天』。

職場の近くの広場にこの『恋弁天』って場所があって、
なんでも出雲大社から霊験を授かってて、
ここに来ると出雲大社に参拝したのと同じ効果を得られるとの事。

↑そんな内容の事が柱に書いてあって、読んでてびっくり!!
なんでも、出雲大社から霊験を授かった日が平成8年の5月18日。
なななんと10年前の私の誕生日なんだって!
それを見つけて大興奮した。写真も撮っちゃった。

明日から毎日昼休みにお参りに来ようかしらん
教えてくれたガーシーに感謝だわん

週に6日、8時間働いて居ると、何が苦痛ってね、
お昼ご飯の事を考える事なの。
毎日の事だから、もうネタが尽きちゃってて、
かと言ってお弁当を詰める時間なんて作れないし、
食べに行くお店ももう行き尽くした感じだし、
なんかもう、食べなくてもいいか?なんて思っちゃう。

でも明日からは、晴れてたら恋弁天で食べよう。
今日、地べたに座ってコンビニ弁当食べたらおいしかった。
そのうち同じ部署のみんなが集まってきて、
ピクニックみたいで楽しかったし。にゃはは
b0009114_229529.jpg

[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2006-06-23 02:29 | 出来事 | Trackback

夏日

今日(昨日)は気温30度を超えたんだって?
エアコンの利いた寒いブースで働いてるのでわからんかった。

眠くて瞼が落ちそうなので一言だけ。

しゃこっちがんばれ!!頭使わずに心を使え!

いえ~い夏がくるにゃ~♪
元祖夏女な私。もう日焼けは出来ないけど、新作水着は毎年買うわ。
海行きたい海!

夕暮れ時のグアムの海を思い出すと居てもたってもいられなくなるぅ~
きゃ~~~~~~~~~~~~~~~ッ
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2006-06-20 01:21 | Trackback

My Place

すっごい長時間掛けて、母と私の物語を書いたのに、
一回の操作ミスで全部消えてしまった。悲しい…

赤裸々な内容だったので、アップするなって事かな…。
ま、消えてしまったものは仕方ないので気を取り直して。

昔、母と私は仲が悪かった。
若い頃の母は、不良だった私をうとましく思ってたろうし、
私もだらしない母が嫌いで、早く家を出たくって、
モデルの仕事でお金を貯めて、高校在学中に家を出たの。
で、すぐに上京して以来、一度も実家に帰る事なく現在に至る。

だけど、最近は私も大人になったのか、
人生のわびさびがすこ~し分かるようになったのか、
母の事を理解出来るようになってきた。

母も一昨年大病をして、この九月には乳ガンの手術も経験して、
心が弱ってきてるのか、よく私に電話してくるようになった。
今は入院して放射線治療中。同時に糖尿病の治療もしてる。

母曰く、七月七日までこのまま入院してないといけないそうで、
その間はもちろん働けない訳だから、今後の生活が心配だと。

私は独りが大好きで、独りの空間がいちばん大事で、
すなわち自分の部屋がお城な訳で、漂ってる香りとか、
流れてる音楽とか、置いてある物の色遣いとか、
これだけは譲れない。ってこだわりが少々あって、
「なんでもいい」と言う境地にはなかなかなれない。

でも、母の話を聞いてかわいそうになった。
60代の独身女性。身よりは遠くに住む娘一人。
ガンで左乳房の大部分を切り取られ、未だに痛みがあり、
毎日放射線治療を受け、当たり前だが入院中の洗濯や何かは
自分でやらないといけない。迎えもない。支払いも自分。

退院後にすぐに仕事に復帰できるか?
今まで通り働けるのか?再発は無いのか?

果たして独りで耐えきれるプレッシャーなのかな?
せっかく自分で生んだ娘が居るのだから、そりや頼りたくなるよね。

母と暮らすことを考えた。
私は今、必死で働いて借金を返してる、個人再生中の身。
いわば国に迷惑を掛けている身。
だけど、たった一人の母が不安な思いで居るのなら、
なんとかしてあげたい。

過去にも何度か母に「東京においで」って話した。
母は嫌がる。大阪生まれの大阪育ち。大阪が大好きな母である。
それに加えて、子供に迷惑を掛けたくないって言う、
プライドに似た気持ちもあると思う。

今夜の修行に出たときに、先生に相談してみた。
「とにかくお母さんのために功徳を積みなさい。
喧嘩ばかりしてしまう親子が、無理に一緒に暮らすことは無い。
東京に呼んでもお母さんにはストレスになるでしょう。
それよりもお互いにより良い環境になるように願って、
しっかり修行して行きなさい。」と、お答えを頂いた。

そうか!
仏様ありがとうございます。
母も愛する大阪を捨てなくてよくて、私も自分の城を失わなくて
済むのが一番いいのですもの。お互い幸せなんですもの。
さすがは仏様。そして仏様と繋がっていらっしゃる先生だ。

と、感動して帰って来た。
さて、明日からまたしっかり働いて、人様のお役に立てるよう
自分を使っていこう。ああすっきり。
長い日記を終わりまで読んで頂き恐縮です。

愛する家族が居て、好きな人が居て、相談できる先生が居て、
なんと私はラッキーなんだろう。感謝してもしきれない。
もっと素直で、かわいげのある人間になりたい。
そう思った6月18日。
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2006-06-18 01:46 | 本音 | Trackback

早く早く!!

きゃ~、寝ないといかん!明日も早い。

今夜は前部署の6月生まれの人達のバースデーパーティーでした。
新しい出会いもあってよござんした。
早く寝なくっちゃいけないから中座して帰ってきた。
みんなまだ歌ってるかな?

ガーシー大丈夫かな?あんなとこで寝て風邪引かないかな?
初対面のKドウ君、Wベ君、K村君はおもろいな。やばいな
で、Wベ君はハンサムだわね。
でも歳は私の息子でもおかしくないわね。

みんな音楽やってていいな。うんうん

さて寝よ寝よ寝よ!
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2006-06-16 03:03 | ひとりごと | Trackback

ヴィレッジ

またすごい面白い映画観ちゃった。『ヴィレッジ』。
シガーニー・ウィーバーが出てるから借りたんだけど、
超当たりだった。脚本が超面白い。
本当は『SAW』が観たかったんだけど、無かったの。
だから変わりに借りた。

「人は時として本当の事を隠すために、反対の事をするんだ。」
ってセリフがあるの。考えてみたら本当にそうよね。
それでどんどん分かりにくくなってく。
要らぬ不安を抱えたり、誤解してそのまま台無しになったり。

なんか、すごい事がまた一つ分かっちゃった感じ。にょほほ
時間の無駄が何よりも嫌いな私。
自分だけは反対の事しないようにしよう。
子供の時はそうだったもの。超分かりやすかったもの。
で、いつの日からか反対の事するようになっちゃったんだ。

多分、正直に行動して何回も嫌な思いをしたんだわ。
きっと人を傷つけたりもしたんだわ。
だからほんとの事を言わなくなったんだわ。

普通よりも正直な方だって自分の事を思ってたけど、
なんだ、ほんとはかなりの嘘つきじゃん。

ではさっそく正直に言います。
今日、法要中に居眠りしました。仏様ごめんなさい。
あと、ジュゴンとマナティの違いが分かりません。

それに道も覚えられません。ごめんなさい。
だから私に「前に来たことあるから分かるよね?」とか
言わないで下さい。毎回迎えに来て下さい。はいごめんなさい。

さて、今日こそ早く寝るじょ~!
明日からまた怒濤の一週間だもの。
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2006-06-12 00:00 | Trackback

Godspell歌って来たよ

いや~、ステージパフォーマンスは久々である。
しかし、私はやっぱり舞台に向いていると自覚した。
なんちゃって、自分で言うなっつうの。

今、興奮さめやらぬ状態で、
なんか、昔の自分のライブビデオ観ちゃったりなんかして。
自分大好きだな~もう。
ここんとこが治らないな~もう。

新しい出会いもあって、ほんといい一日でした。
もっともっと歌が上手くなりたいって思った。
来てくれてた友達が涙を流して感動してくれたのが、
一番嬉しかった。

この数ヶ月、プライベートで色んな事があった。
なぜだか分からない。未だ解決を待つ状態のものもある。
何かのメッセージなんだろうけど、私は未熟すぎて
真意を受け取れない。

今観てるビデオで自分が歌ってるんだけど、
「認めてしまえ!そしてゼロからまた始めようぜ!」って
歌詞があるの。そうなんだよね。うんうん

今、デリカシーの無い人にほとほと困っている訳なんだけど、
きっと自分もそうだから、こんな目に遭わされるんだと思う。
だから分かった時から止める事。
そしてまた始めればいい。

いや~、しかし今日は真面目にステージに神様が降りて来たよ。
すごかった。すごかった。
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2006-06-11 02:04 | 出来事 | Trackback

これから本番なの!

b0009114_1825747.jpg

これからステージでゴスペル歌うよ。
テンションあげあげで行って来まーす!
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2006-06-10 18:25 | 出来事 | Trackback