Ice cream

b0009114_15573848.jpg昔から、『君は男っぽいね。』ってよく言われる。
そう言われてうれしいときも、切ないときもあるけど、基本的にはほめ言葉だと思ってる。

年を取るにつれて意味合いが違ってくるんだと思うけど、41歳になっても言われるんだから、
これはもう皆さんから見て、本物の『男っぽさ』なんだろう。
しかし一体『男っぽい』ってなんだべ?

・サバサバしてる
・潔い
・根に持たない

・・・とか、まあこんなところか?
確かに私はいろんな事を全く気にしないし、このごろ益々"ただ生きていればいいじゃないか"感たっぷりで、
何か起きてもあまり騒がないし、キャピキャピしてないし、声は低いし、寝たら忘れるし、
仕事だって何だって、出来る事はさせていただきます。出来ない事は出来ません。って感じで、楽チン。

しかしこれは、実は求めて求めて手に入れた境地かも知れない。
ぴりぴりして、そわそわして、どん底になったり、死にたくなったり、今思い出しても心臓が止まりそうになる
経験をたくさんして、そんな自分が嫌で仕方なくて、変わりたいと強く思ったからこうなったのかも知れない。
ずっと『男っぽいね。』って言われる自分になりたかったのかも知れない。

でもね、『女らしいね。』とは一度も言われた事ないよ。 てへへ
[PR]
by ayumi_asakura | 2008-06-02 15:41 | ひとりごと | Trackback
トラックバックURL : http://ayulog.exblog.jp/tb/8702622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< disaster. framboires pie >>