まいろって

b0009114_1502371.jpg

イタリアの友人の猫が亡くなったの。12歳だったの。
お互いに黒猫を飼っていたのでよく猫の話をした。
悲しくなっちゃうから、もう猫の話はできないな。かわいそうだな…

前猫のジャンニが死んじゃった時、ペットロス症候群にかかり、
物が食べられなくなった私。
今だに思い出すと号泣する。ジャンニは私の全てだったの。
でもまいろが来てから救われたよ。

こうやって毎日私のベッドを陣取ってくれてるけどね。
朝起きたとき、お腹の上に寝てて重いけどね。

今君が居なければ私はとっくに耐えきれなくて、
過労で倒れちゃってるかも。
君の癒しがあるから帰ってきた時に充電できる。
君が横ですやすや寝ていたり、ボールを転がして、
独りで走り回ってたりするだけで、私は幸せ。
何にも悪さしないし、粗相もしないし、なんていい猫だ。
君は最高だ!!
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2006-02-18 02:01 | ひとりごと | Trackback
トラックバックURL : http://ayulog.exblog.jp/tb/4168271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< うれしかった事ふたつ 文句を言ってちゃいかんな >>