”レヴェナント”を観ました。

たったいま、"レヴェナント"を観ました。
長かったけど、また時間を作ってもう一回観たいと思いました。
どこまでもリアルな描写で、血液も唾液も内蔵も限りなく本物っぽい。
カメラが被写体に物凄く近い。時々ぶつかってるんじゃないかな。
こんな撮り方の映画は観たことなかったかもです。
ひとつ残念なのは、美人が一人も出てないこと。
やはり映画では美しい人を観たいものです。
しかしその代わり、映像の美しさが半端ないです。
全部自然光で撮ったってほんとかなー
また私には、レオナルドディカプリオが所々、
シャイニングの時のジャックニコルソンに見えました 笑
超個人的な感想なので無礼をお許しくだしゃいましー 
no movie no life.
b0009114_14454242.jpg

[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2016-09-02 14:44 | フェイスブックより | Trackback
トラックバックURL : http://ayulog.exblog.jp/tb/26171030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ハート形のジャガイモ 髪を切ってきましたー >>