J:COM…Don't know.

の温厚な私も非常に頭にきたので書いてやるッて気持ちで書いてやるッ

ここ最近、ドアポストに数回J:COMからのチラシが差し込まれていて、
内容としては、「このたびこの建物のTV電波の中継会社がJ:COMになったので、
お部屋のTV端子の電波チェックに全戸回らせていただきます。」と言うもの。

かねてからJ:COMと言う会社に対してあまりいいイメージを持っていない私は、
『きっと体裁のいい営業だろう。』と思い、放っておきました。

するとまたチラシが入っていて、
「本日お留守でしたのでまた○日に訪問いたします。」と言った内容が書かれている。
そして都合が悪ければフリーダイアルか担当者のケータイに連絡くださいとのこと。
この時点でもかなり図々しいなと思ったのですが、
このTV端子の電波チェックはどうやら必要なものっぽいので、
しかたないかと思い、私がウチに居られる日をフリーダイアルに連絡し、
オペレータに伝えました。

そしてそれが今日だったのですが!
電波チェックと言っても、リモコンで各チャンネルをチェックするふりをして、
結果、「ほら、10番と11番にJ:COMチャンネルが無料で追加されたんですよ。」
と言って私に見せただけ。
そして私のスマホ会社はどこかとか、プロバイダはどこかとか、光回線はどこかとか聞いてきて、
J:COMと契約すれば一挙に70チャンネル増えて料金がこんなにお安くなります!
と言う、コッテコテの営業話に変わったのです。

『なんだ、やっぱりか…。』と思った私は、
能面の表情をつらぬいて、「そんなに一生懸命ご説明いただいても契約はしないですよ。」
と伝えたけど、それでもあのサモハンキンポー似の営業マンは話をやめず、
私のお気に入りのガラステーブルに指紋をベタベタいっぱいつけて、
なんかいろいろパンフレットに書き込んで営業話を続けました。

我慢ならなくなった私は、立ち上がり、玄関まで行き「本日はご苦労さまです。」
とドアを開けるしぐさをしました。
それでもサモハンキンポーはしゃべり続け、靴をはきながらもしゃべり続け、
ドアをうすーく閉めながらもしゃべり続けていました。

このように、平日の昼下がりに新妻が、サモハンキンポーと密室に二人きりで、
長時間話を聞かなければならないという状況は非常にいかんと思いましたし、
とくにデリカシーのないグイグイ系の人間が大嫌いな私にとって、
今日のこの時間は本当に無駄だしストレスフルだし迷惑でした。

『そういうお話でしたらお帰りください。』と言って、
警察に通報でもしてやればよかったと、いま思っているくらいです。
ほんとに悪評通りで、すごく嫌いな会社になりました。

ふーッ

いつになく過激な言葉を使ったり、
サモハンキンポーを連呼したりしてすみませんでした。
ごめんね、サモさん。

b0009114_15251061.jpg
[PR]
by AYUMI_ASAKURA | 2014-12-12 15:29 | ちょっと聞いて! | Trackback
トラックバックURL : http://ayulog.exblog.jp/tb/23868184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Let's go vo... Viva! Yokohama ... >>